サプリメントのoemは人件費を削減できる

サプリメントのoemは人件費を削減できる

サプリメントの製造販売において、人件費を削減したい場合は、oemが適しているのではないでしょうか。自社製造の場合は工場や設備と、サプリメント製造に携わる人材が必要で、コストがネックになります。特に新規にサプリメント事業を始める場合は、大きなイニシャルコストが発生します。コストは最終的に商品価格に転嫁する形になるので、減らせる人件費は極力減らすのが望ましいです。製造を外部企業に委託するoemは、1から環境の整備や人員確保を必要とせず、委託費用を支払うことでサプリメント製造が任せられます。イニシャルコストを圧縮して事業が始められますから、ハードルを下げて参入することができます。一般的に大ロットだけでなく小ロットにも対応しているので、サンプルの生産や試験的な販売など、これから事業を本格化する場合にも頼りになります。委託先は設備や環境、人員とノウハウを併せ持つメーカーなので、コストを抑えたくなったら、受託しているメーカーへの相談が現実的な選択になるのではないでしょうか。

サプリメントのoemを小ロットで依頼するメリット・デメリット

サプリメントのoemを小ロットで依頼する際のメリットの1つは、初期投資や保管費用などの資金が少なくて済むことです。売れ残りや廃棄の心配も少なくなるので、在庫のリスクも抑えられます。 消費者の嗜好やトレンドに合わせて頻繁に商品を入れ替えたり改良したりでき、市場のニーズに素早く対応できるのも良い点です。サプリメントのテストマーケティングや、プロモーションにも有効です。 他社と同じような商品を作る必要がないので独自性が高められ、自社のコンセプトやブランドイメージに沿った商品を作ることで差別化も図れます。特定のターゲットに絞った商品を作ることも可能です。 デメリットとしては大量生産に比べてコストがかかり、oem先との交渉力も低くなることが挙げられます。商品の単価が高くなり、利益率が低下する可能性があります。 依頼先の選定や監査も重要ですが、それには時間や費用がかかります。品質や安全性の基準や、規制に適合することも確認しなければなりません。 商品の数が少ないので市場規模やシェアが小さくなり、広告や宣伝も限られます。競争力や知名度が低くなり、消費者の認知や信頼を得ることが難しくなる可能性があります。

サプリメント oemメーカーに関する情報サイト
サプリメントのoemについて

このサイトでは近年の健康志向の高まりに応じて人気があがっているサプリメントについて、oemに関連する基礎知識や雑学などを各種のコンテンツを通じて御紹介しています。自社で製造のノウハウや知識があっても、製造設備が不十分だと設備投資が必要となります。ビジネスでは失敗のリスクは不可避なので、受託製造を活用すれば既存設備の有効活用と設備投資を抑制することが叶います。必要な人員を確保する必要もなくなるので、人件費削減も実現します。

Search