日本でも人気上昇中のサプリメント!サプリメントのoemに関する雑学を紹介

サプリメントのoemは、自社開発のアイテムを受託製造会社に生産を委託することです。雑学ですがすでに日本国内ではサプリメントの利用は身近なものになっており、消費者のニーズの高まりがみられるのは確かです。しかし既存の大手製薬や食品会社が展開するラインナップでは飽き足らないニーズをもつ消費者も、多くみられるようになってきました。 彼らのニッチでありながら、旺盛な需要にこたえるには、小ロットでサプリメントのoemで試行錯誤するのがリスクも軽減できておすすめです。

サプリメントのoemは生産コストを削減しつつ生産量を増やすことができる

サプリメントのoemとは他社のブランドに製造を委託することで、そのブランド名で製品を提供するビジネスモデルです。生産コストを削減し、生産量を増やす効果的な手段となっています。 専門のメーカーに製造を委託するため、独自の製造施設を持つ必要がありません。自社で製造ラインを持つ場合よりも大幅なコスト削減が可能で、工程における効率化や最新の技術を導入することも容易であり、これらがコスト低減に貢献します。 需要に応じて製品の量を増減させることができるため、需要が急増した場合でも迅速に対応できます。自社製造の場合は需要の予測調整が難しく、在庫の過剰や不足が生じる可能性があるのです。 サプリメントメーカーとしての専門性を活かして品質管理を徹底しています。ISOやGMPなどの品質管理基準に準拠し、安全かつ高品質な製品を提供してるのです。 製品の品質や安全性の管理が他社に委ねられる点が挙げられます。oemメーカーの選定は慎重に行う必要があります。信頼性の高いメーカーを選ぶことが重要です。

在庫を持たずに利益を得るならサプリメントのoem

サプリメントのoem(Original Equipment Manufacturer)ビジネスは、商品を持たずに利益を得る方法として注目されています。このビジネスモデルでは、自社で製品を開発・製造する代わりに、他社のブランドや企業のためにサプリメントを製造します。具体的には、ブランドオーナーや企業から依頼を受け、そのブランド名やロゴを商品に付けて製造・納品を行うのです。 このビジネスモデルのメリットはいくつかあります。まず、製品開発にかかるコストや時間を削減できる点です。自社で製品を開発・製造する場合、研究開発や生産設備の導入など多額の初期投資が必要です。しかし、OEMビジネスでは既存の製品を提供するため、これらのコストを節約することができます。 市場におけるブランド力や需要がある程度確立された商品を提供するため、販売のリスクを軽減することができます。既に人気のあるブランドの商品を製造する場合、需要の高さが見込まれるため、売上が比較的安定するでしょう。これにより、在庫リスクを軽減し、効率的な経営が可能となります。 さらに製造に特化したプロダクション体制を築くことで、高品質な製品を効率的に提供できる点もメリットです。

サプリメントのoemならノウハウがなくても安心

サプリメントをoemで製造をして自社販売することを検討している場合、特別なノウハウを持たずに発注することができるので、非常に便利で安心感も抜群です。サプリメントを取り扱う会社の場合は、成分によっては国の許可申請を済ませていることや、工場の設備や環境も法律に順守していることが前提にあるので、製造においての知識は発注者側には不要です。求めているサプリメントの効果効能を依頼前に会社側と話し合いをして、他社製品には無い成分を混ぜ合わせる方法であれば、oemでも他社とは差別化を行うことができるので、完全にオリジナル商品として販売できる便利さもあります。製造工程においてもパッケージ印刷からサプリメントの封入れも工場設備の機械器具で完璧に行っていることで、不純物や異物混入などを起こしてしまうリスクが無いことも安心できる理由です。パッケージに関しては、デザインは非常に重要になりますが、専門に引き受けている会社の中にはデザインも担当する部署を持つ会社もあるのでデザイン面でも安心です。

リスクを抑えながらサプリメントを販売するならoemがお勧め

これからサプリメントの販売を考えているのであれば、oemを利用する方がリスクを抑えることができるのでおすすめです。 その理由は、製造や品質管理に専門的なサポートを受けることができるからです。サプリメントは健康食品の一種で、購入者が口に含んで利用するものです。そのため高度な品質管理が求められますが、この仕組みを利用すれば製造業者として専門的な設備と経験を持っている企業にお願いすることができるので、品質や安全性に関するリスクを低減することができるというわけです。費用と時間を節約できるというメリットも見逃せません。サプリメントを一から販売するには、自社ブランドを立ち上げる必要があります。さらに製造設備や品質管理の整備など、多額の投資と時間が必要です。この仕組みを利用すればそれらのコストや手間を節約できるので、実績がなくても短期間でのスタートアップが可能になります。また小ロットから始められるなど、これからサプリメントを市場に提供したいと考えている人にとっておすすめできる理由が揃ったサービスです。

サプリメントのoemは専門業者に丸投げしても良い?

サプリメントのoemは、専門業者に任せることで質の高い製品を作ることができます。丸投げで良い商品ができるのか、心配になる方もいるかもしれません。しかしサプリメントoemを手掛ける企業には知識とノウハウがあり、質の高い製品へと仕上げることが可能です。極端な例では詳細なアイディアも専門業者側に出してもらい、完成へと漕ぎ着けることもできるでしょう。こういったサプリメントを作りたいという提案を受けて、業者側に内容を考えてもらうことができます。すべて丸投げにするのは不安な場合には、作りたいサプリメントのイメージを共有すると良いでしょう。質の高い製品を作るために話し合いを重ねれば、より素晴らしい商品が完成するはずです。具体的なイメージがあれば業者側も作りやすく、ユーザーが好むものを作り上げることが可能です。すでに工場を持っている業者は改めて工事などを行う必要もなく、スムーズに完成を目指すことができるようになっています。

手軽に自社ブランドを持つならサプリメントのoem

新規にサプリメント製品の販売を開始した場合、多くの顧客にローンチをするだけではなく購買行動まで移行してもらうのは大変な労力が必要です。使用している有効成分や、それを服用することでどんなメリットがあるのかを伝えるのはもちろんのこと、競合の製品との競争に勝たなければなりません。しかし、無名の新規ブランドならば、既に服用している製品から乗り換えてもらうのは至難の業です。そんな時に役立つのが、手軽に自社ブランドを持つことができるサプリメントのoemです。oemで提供されている製品に自社ブランドの名称を加えることで、短期にブランディングを行うことができます。優れた効能や高品質はそのままに、ロゴやコーポレートカラーがインパクトを与えて、顧客に製品が存在していることをアピールできます。サプリメントは毎日継続して服用することが重要で、多くの顧客を引き寄せて自社製品でそのスタートとなるきっかけを作り出すことが可能です。

サプリメントのoemは実績を重要視するべき

サプリメントのoemを利用する場合には、その実績を重要視することも大切です。安全性を十分に確認することが必要であることから、万が一問題が発生した場合にはその対応をすることが非常に大きな労力となってしまうことが多いためです。同時にこのようなトラブルを一度発生させると、社会的な信用を失いその後の活動が困難になってしまうことも少なくありません。サプリメントは近年様々なところで注目されており、その需要も非常に大きなものとなっています。これらの理由から効率的に生産し販売することが重要となっており、そのためにoemを利用する事は非常に効果的です。その反面、様々な問題は健康被害に直結する恐れがあり、問題が甚大となってしまうことも多いので十分に注意をすることが必要です。これらを避けるためには実績を十分にチェックし、信頼できるところに依頼することが大切です。価格が安いところを選びがちですが、それ以前に信頼性が重要なポイントとなります。

サプリメントのoemは高収益を実現できる

自社ブランド品として販売するサプリメントを製造販売しようとしている企業は、oemでの受注を行っているメーカーに依頼をすることが最善策になります。自社でゼロから製造ラインを作るには研究開発費用だけではなく設備機器も合わせると莫大な資金が掛かってしまい、販売までの年数も大きく掛かります。そのため、既にノウハウのあるサプリメントのoemのメーカーに依頼をすることで高収益を実現することができます。その背景には研究開発費を原価に含まないことや、発注ロット数が多ければ単価を低くできるなど、粗利益を高めることは決して難しいことではありません。既に大手メーカーとして販売をしている会社では粗利益は約60%程度とも言われていますが、例えば1個当たり300円で発注できたサプリメントであれば、販売価格を1,000円にした場合、粗利益は70%に到達するので高収益を叩き出せる要素は満天ではないでしょうか。通常食品類の場合ではメーカー側は40%から50%程度になることが多いので、サプリメントの場合は利益率が元々高めというメリットをフルに生かせます。

サプリメントのoemは試作や打ち合わせが大事

自分の納得いくサプリメントを製造したいと思うのであれば、oemがおすすめです。その場合は、事前の打ち合わせが非常に重要となってきます。自分の体の中に入るものですから、安全性はもちろんですが、納得がいくまでよく話し合って作り上げる必要があります。実際に出来上がったoemサプリメントを見て、こんなはずではなかったと後悔することのないよう、自分が求めているものがどんなものだということを提示しましょう。試作の段階で少しでもこうして欲しいということがあれば、妥協せずにしっかり製造側のメーカーに伝えるべきです。そういった観点からも、製造メーカーを選ぶ際は、どれだけこちらの意見に寄り添ってくれるかということを考える必要があります。たくさんのメーカーがありますので、迷うのは当然ですが、予算を抑えることばかりに目を向けていると品質面での問題にもつながりかねません。原料や品質管理にもこだわった、信頼できるメーカーをとことん選ぶようにするのがおすすめです。

サプリメント oemメーカーに関する情報サイト
サプリメントのoemについて

このサイトでは近年の健康志向の高まりに応じて人気があがっているサプリメントについて、oemに関連する基礎知識や雑学などを各種のコンテンツを通じて御紹介しています。自社で製造のノウハウや知識があっても、製造設備が不十分だと設備投資が必要となります。ビジネスでは失敗のリスクは不可避なので、受託製造を活用すれば既存設備の有効活用と設備投資を抑制することが叶います。必要な人員を確保する必要もなくなるので、人件費削減も実現します。

Search